社員インタビュー
Vol.01

INTERVIEW

社員インタビュー

東海エリアのランドマークに

携われる喜びと誇り

竹内 晃司
工事部2011年入社

完工物件でみる学び

岡崎信用金庫名古屋本部ビル
初めて関わった大きい現場で営業にサポートしてもらいながら完遂することができた。
情報共有しながら仕事を進めていくことの大切さを学んだ。
イオン東浦
既設の改修工事と新設工事があったため昼も夜も現場が稼働。そのため、社員みんなに助けてもらって収めることができた。TAKEJINのチーム力を実感した仕事。
浜松ホトニクス
大手ゼネコン(大林組)さんの仕事に初めて携わり、いろいろ勉強させていただいた。自分たちの仕事をより客観的に広い視野で見ることができるようになった。

Q1.
現在のお仕事内容を教えて下さい。

工事管理を行っています。資材の発注・段取り・現場監督との打ち合わせなどを行います。発注ミスがあると、現場や下請に迷惑が掛かるのはもちろん、利益損失に繋がるので慎重に行っています。スムーズに仕事が進むように、言われたこと、気付いたことは手帳にメモしていくことが大切ですね。

Q2.
最もやりがいを感じるのは、
どのようなときですか?

手配がうまくいって、スケジュール通りに順調にきっちり現場が収まったときですね。建物が完成したのを見て、「これをやったんだな」と実感したときにやりがいを感じます。建物としてずっと存在するので、仕事の結果が見える化されているのもいいですね。

Q3.
いちばん大事にしていることは?

今までは教えてもらう立場でしたが、後輩に教えていかなければいけない立場になっています。自分が教えてもらったことを、単純に伝えるだけではなく、自分なりに消化したものを伝えることを大事にしています。そうすることでより理解が深まるのではないかと思っています。

Q4.
今後の目標について お聞かせ下さい。

全てにおいてスケールの大きいものをつくりたいですね。建物自体が大きい現場は、そこで働く人も多い。それに比例して、収まりも難しくなるし、施工期間も延びてしまいがちになる。その他もろもろ発生する問題に対処しながら、現場をコントロールしてきっちり収めてみたい。

Q5.
社風を一言であらわすと?

助け合う風土ですね。例えば、「工程が間に合わない、今日中に何とかしないといけない」というときに、頼む前に会社にみんな集まってくれて、現場に手伝いに来てくれたりします。それが特別なことではなく、当たり前にできることがすごいと思います。だから安心して仕事ができるし、社内の雰囲気も良いのだと思います。

私が関わった施工実績

WORKS

JPタワー名古屋/オフィス&商業ビル

オフィス&商業ビル

5年目で、技巧部に所属していたときに施工に参加しました。ガラスを搬入して、はめ込みを行いました。今度は、工事部として立場を変えて同じような大きな現場を扱ってみたいと思っています。

休日の過ごし方

HOLIDAY

『有給休暇が取りやすい好環境!』

休日は家族と過ごします。3歳と、5歳の子どもがいるので一緒に買い物に出かけたりしてますね。長期の休みは家族旅行にでかけます。有給休暇も取得しやすいので、子どもの運動会などの行事もしっかり参加していますよ。

社員インタビュー

言いたいことを言い合えるから 現場は毎日笑い声が絶えません

吉村 侑宏

詳しくはこちら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。